川崎の不動産・一戸建て物件検索は住宅販売会社のあんしんマイホームで! Q&A 一覧 マイホーム購入に向けて調べたところ、住宅ローンの借入額は年収の25%が妥当だとありました。私は現在パート収入はごく僅かあるだけで、主人は27歳で年収が420万円(税込)です。この状況でいくらの住宅ローンが組めるのか教えてください。

Q&A

マイホーム購入に向けて調べたところ、住宅ローンの借入額は年収の25%が妥当だとありました。私は現在パート収入はごく僅かあるだけで、主人は27歳で年収が420万円(税込)です。この状況でいくらの住宅ローンが組めるのか教えてください。

収入額を国税庁発表「民間給与実態統計調査」のサラリーマンの年収上昇率に当てはめて計算すると、借り入れ金額は2,380万円程度と出てきます。しかし個々の家庭により条件にも違いもあるのでこの金額が適当だとも言えません。大切なのはご家庭の状況を踏まえたライフプランを立てることです。

プランニングでは30代の平均値で、男性35歳で妻と子供2人という4人家族,返済比率は25~30%というモデルを用いることが多くなっています。
しかし実際にはマイホームの購入年齢は人により差があります。
40歳でマイホーム買うのであれば予想返済比率を割り戻しなくてはなりませんし、逆にこれが20歳であれば35歳での予想返済利率を考慮することになります。

ここで「民間給与実態統計調査」(国税庁)を見てみましょう。25歳から45歳のサラリーマンでは1年間における年収の上昇率は3~3.5%前後と出ています。
35歳の返済率を考慮した場合には、普通は返済比率は20代で30%強、40代では25%以下という数字を使用しています。

このような一般的なデータによれば、あなたの家のケースでは借入れ限度額は2,380万円と出てきます。しかし、現実にはローンを組む条件は仕事の内容や勤めている会社の規模により違うので、この金額以下のこともあれば、逆にこの金額を超えることもあります。

詳しい住宅ローンの限度額を知るためには、将来を想定した具体的なライフプランを作成することをお勧めします。

ページTOPへ