川崎の不動産・一戸建て物件検索は住宅販売会社のあんしんマイホームで! Q&A 一覧 住宅ローンの繰上げ返済をするのが良いと聞きますが、それはどうしてなのでしょうか?

Q&A

住宅ローンの繰上げ返済をするのが良いと聞きますが、それはどうしてなのでしょうか?

もし100万円が手元にあるとしましょう。これを貯金すれば金利0.2%で35年後に利息として受け取れるのは72,440円です。
しかしこの100万円を繰上げ返済に充てるとしましょう。金利3%の35年ローンであればなんと156万円もの返済を減らすことができるのです。

繰上げ返済が良いとされているのは、返済すべき利息を減らすことができるからです。
通常、住宅ローンの返済といえば毎月そしてボーナス時期に決まった額を返済します。それとは別にある程度まとまったお金を不定期に返済することが出来ます。これが繰上げ返済です。これにより月々の返済額を減らしたり、返済期間を短くして利息を減らすことが出来るのです。

あなたは住宅ローンの借入れをした翌年100万円が手元にあればどうしますか?預金であれば低金利(0.2%)の現在では利息は1年でたった2,000円にしかなりません。つまり35年間に複利運用しても得られる利息はたったの72,440円です。
しかしこの100万円を金利1.5%、35年の住宅ローン返済の1年目に繰上げ返済したらどうなるでしょうか?なんと最初に算出された総返済額よりも78万円も少なく返済することが可能になるのです。つまり住宅ローンを組んだ方にオススメの資産運用方法がこの繰上げ返済なのです。100万円が78万円を生み出すこの方法は、貯金や投資信託よりも効率の良い運用方法だと言えます。もちろん元本割れというようなこともないので安心です。

ではここで繰上げ返済のコツについて触れてみましょう。
「そんなにメリットがあるのであれば手持ちのお金を全て繰上げ返済に!」と考えるのはちょっと無謀です。というのは病気や怪我、もしく家の修理や修繕と言うようにお金が必要になる場合も考えられるからです。一般的には万が一のケースに備えて生活費の3~6ヶ月分の金額を手元に残しておくのが良いとされています。またお子様がいるご家庭であれば学資保険など教育費の積み立てなども必要不可欠です。このように最低限必要な金額を除いて手元に残っているお金を繰上げ返済するのが、上手なお金の運用方法だと言えるでしょう。

さて繰上げ返済をするときにもう一つ気をつけるべき点は、繰上げ返済手数料と繰上げ返済方法です。最近では手数料不要の金融機関が増えてきましたが、いまだに1回5万円の手数料が必要になる金融機関も存在します。手数料が1回5万円かかる金融機関で毎年1回20年にわたり返済をしていれば、手数料は合わせて100万円にもなります。つまり金利が0.2〜0.3%と同じことになるのです。
また、返済方法についてはネットバンキングで返済できない金融機関がまだ多く存在します。窓口に足を運ばなければならない手間だけのことですが、何十年も付き合う住宅ローンですので、金融機関の選定基準でチェックしておきたい項目です。

ページTOPへ