川崎の不動産・一戸建て物件検索は住宅販売会社のあんしんマイホームで! Q&A 一覧 頭金なしでマイホームを購入した人の話を時々耳にします。でもこれではリスクが高くなるのではないでしょうか?

Q&A

頭金なしでマイホームを購入した人の話を時々耳にします。でもこれではリスクが高くなるのではないでしょうか?

頭金がなくても、年収に対して返済可能な借入額であれば問題ありません。

その昔《団塊の世代》と呼ばれている方たちがマイホームを購入するにあたって用意した頭金は「物件価格の2割」というのが一般的でした。しかし物件の2割というのはかなりの額になります。もし、3500万円のマイホームを買うのであれば、頭金2割は700万円です。もちろん他にも物件価格の8%程度の諸経費も発生するので、さらに280万円をプラスして考えなくてはなりません。つまり980万円を用意しなければマイホームには手が届かないというわけです。
このように団塊の世代の方たちは頭金を貯めるのに時間がかかったために、マイホームを購入できるのは40代になってからというケースがほとんどでした。
しかし資産運用の面からすればこれは理想的とは言えません。その理由は家賃の支払いです。もし5年間で頭金を貯金できたとしても、月10万円を家賃として支払っていれば、マイホーム購入までに600万円を失っているのと同じことになります。
現在ではマイホームを手に入れる方の平均年齢は30歳前後になっています。これは金融機関が物件価格の100%と、さらに諸経費分まで低金利で貸し出す様になったため、頭金を貯める前に若くして購入する人が増加したからです。
「貯金もないのに住宅購入をするのは抵抗がある」という方もいらっしゃるかも知れませんが、現住居に家賃が発生しているのであれば、それを節減できるのはメリットでしかありません。

ただし、諸経費分も借り入れることになりますので、年収に対して安全に返済できる借入額に抑えることが大前提です。つまりリスクのない借入額であれば頭金の有無は問題にはならないのです。

当社ではお客様の年収、勤務先、ご年齢、家族構成等から、無理のない返済計画を立てるご提案もさせて頂いております。お気軽にご相談ください。

ページTOPへ